こんにちは~、パタです。

本日はデッキ紹介です!

オボロティガウォック



オボロアルカディアスです!!
先日Twitterにて紹介したところとても良い反応は頂けたんですが、
なかなか『実際に使ってみたよ』って人は居なかったのでブログで細かく説明していこうと思います!

まず初めに雑にコンセプトを。
基本的にはオボロティガウォックの動きにキングアルカディアスとクイーンアルカディアスの制圧力を加えた感じになります。
なのでまずはオボロティガウォックの基本的な動きから説明します。

オボロティガウォックとは、
マナゾーンに5色を揃えたうえでオボロカゲロウを出す事によってティガウォックを1マナで召喚するコンボデッキの事です。
オボロ

ターン開始時のドロー1枚に加えてオボロカゲロウで5枚ドローすることによってティガウォックが1マナで召喚できる訳ですね。
さらにマナに余りがあれば余分に引いたティガウォックも追加で召喚することが出来ます。
オボロを召喚する時点でティガウォックが手札になくても5枚のドローで引いてこれば完成するため非常に安定感と爆発力のあるコンボです。
最近ではオボロとティガウォック以外のほとんどのパーツを1枚済みにして高い対応力と天使と悪魔の墳墓を用いたコントロール型のオボロティガウォックもよく見かけます。

墳墓

様々なデッキに対応できる1枚済みが大量にされている状態でオボロで5枚、
ティガウォックで3枚の計8枚を1ターンの内に引けるので相手のデッキに対して強いカードをピンポイントで持ってこれるのが強みですね。

さて今回のオボロアルカディアスですが、
上記のオボロティガウォックとは少々異なります。

クロス2

クロスファイア2ndを使います。
もともとオボロ2ndというデッキがあったほどオボロカゲロウとは相性の良いこのカード。
オボロで5枚引いて2ndでビートダウンというのが元々のデッキですがティガウォックのコントロール性能の高さに最近はあまり使われていなかったカードです。
今回はこのカードのグラビティゼロと多色カードという性質を利用します。

繰り返しになりますが従来のオボロティガウォックはたくさんある1枚積みの中からピンポイントのカードを探すコントロールデッキです。
それに対しオボロアルカディアスは沢山カードを引く事によって特定の数種類のカードを手札に揃えるコンボデッキです。

具体的には、
6マナたまった状態で
オボロ(2マナ)→ティガウォック(1マナ)→クロスファイア2nd(0マナ)→母なる星域(3マナ)です。

星域


母なる星域でバトルゾーンで役目を終えたオボロカゲロウをマナゾーンに送り、
クロスファイア2ndの上にキングアルカディアスかクイーンアルカディアスを出しましょう!
ちなみに6マナの時に母なる星域を打つとクリーチャーをマナゾーンに送ってからマナの数を参照にするので7マナまでの進化クリーチャーを出す事が出来ます!
またオボロカゲロウをマナに置くことで青1マナを確保出来るので追加のティガウォックが手札にあれば召喚する事も出来ます。

キンアル

上記の6マナでのコンボは基本的にキングアルカディアスまたはクイーンアルカディアスを単体で出せれば圧倒的に有利に立てるデッキに対して狙います。
具体的に言うと単色のクリーチャー中心のデッキ、単色の呪文中心のデッキ、ジョーカーズなどです。
逆にクリーチャーと呪文をバランスよく使うデッキや多色メインのデッキにはキングやクイーンを単体で出しても勝てません。
なのでオボロティガウォックのコンボに加えてフェアリーミラクルを打ち込み手札とマナを貯めこみましょう。
十分に手札とマナが貯まった状態で母なる星域がうまく絡めばキングとクイーンを同一ターンに出すだけでなくクロスファイア2ndも絡めて殴りにいくことが出来ます。


またこのデッキはシールドトリガーも非常に多いのでカウンター性能にも長けています。
相手が早い段階で殴ってきてもマナに5色さえあればオボロティガウォック2ndで殴り返し+ブロッカーも立ちます。
マナが貯まっていれば殴られた返しにキングクイーンも簡単に決まります。

普段はあまり使われないカードですが謎帥の艦隊というカードが採用されています。
このカードは多色カード多めのデッキでは非常に優れた防御カードとして機能しますがそれだけではありません。
自身のカードも手札に戻すことが出来るのでオボロティガウォックの再利用に最適です!

謎帥の艦隊

上記の貯めこむプレイングの時は特に有効でとても小回りの利くカードとなっております!

説明は大体こんな感じになります。
オボロとティガウォックのコンボは使うと非常に動きが楽しく派手さもあるのですが、
レシピだけではなかなか伝わりづらいデッキでもあります。

実際僕も『オボロとティガウォックってどんな動きをするんだろう』と思い雑にデッキを組んで試したところ想像をはるかに超える動きを連発し色々なアイデアが思いつきそのうちの一つが今回のオボロアルカディアスになりました。

オボロティガウォックにはまだまだ色んな可能性があると思います。
是非色々試してみてください。
オボロティガウォック入門にこのデッキを使っていただけると嬉しいです♪



書き終わった全文を見ていて気付いたことがあるので追記します!
最初のデッキリストにあるこのカード・・・

ボイメン



めちゃくちゃ分かりづらいですがこれボーイズトゥメンのプロモ版です!
失礼しました!!w


ボ